FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キス魔な彼女と草食系僕第十九話

「おりゃーっ!」

声の主は僕の方に走ってくると見事なライダーキックで相手を吹っ飛ばした。

「助けに来たぜ!」

「か、奏さん!?」

奏さんは僕の方を向いて笑う。

男達はいきなりのことだったからか呆気にとられているようだった。

僕も驚いていた。

「なんで奏さんが‥‥」

「ハルが言ってたんだよ、ココ達を助けてくれって。追いかけてたんだけど振り切られちまったから焦った焦った」

奏さんが笑顔のまま言う。

‥‥正直微妙なネーミングセンスはおいといて、やっぱり京極が助けを差し延べてくれた、という思いと正直奏さんが助けに来ててもどうにかなるのかという不安が入り混ざった感情が僕の中にはあった。

「不安そうだなオイ。俺のこと弱いと思ってないか?」

「え? いやそんなことは‥‥」

「とりあえずそこで見てろよ」

奏さんは呆気にとられ、どうするか迷っていた男達の方に突っ込み、殴りかかる。

素早い動きで相手を翻弄し、見た目からは全く想像出来ない力で相手を倒していく。

全員倒すまで、1分もかからなかった。

倒し終わると、奏さんが笑顔でこっちを向いた。

「どうだ!」

「凄い‥‥です」

僕がそう言うと満足そうに頷く。

「じゃ、ごっちんのとこ行くぞ」

奏さんはそう言って走り出す。

「億川さん‥‥大丈夫ですか?」

「わ、私より九重君の方が重傷じゃないですか!? だ、大丈夫ですか?」

「はい、大丈夫です。見た目より痛くないし‥‥」

「でも‥‥」

億川さんはそう言って僕の口元を見る。

「血、出てます、早く止めないと‥‥」

「大丈夫ですよ、すぐ止まりますから‥‥」

僕はそう言って億川さんの視線に合うようにしゃがみ込む。

「また、巻き込んだとか思って後悔してません?」

「それは‥‥」

億川さんは黙り込んだ。

図星のようだ。

「僕達の方から巻き込まれに行ったんです。億川さんが気にする必要はありませんよ」


僕はそう言って笑う。

ああ、泪はこんな思いをしていたのか、と感じながら。



奏さんと億川さんと元の小屋に戻ると、すでに男達は全員倒れていた。

立っていたのは泪ともう一人、正岡だった。

「正岡も頼まれたの?」

「ああ、遥がお前達を助けてくれってな。ここまでやったら、多分もう手は出さないだろ」

正岡はそう言って笑う。

「泪、怪我はない?」

「私はそんなに‥‥ってかショウが一番重傷っぽいけど‥‥大丈夫?」

「うん。見た目ほど痛くないよ」

僕は正直に答えた。

「本当?」

泪は疑わしそうに僕を見る。

「うん、本当」

僕がそう言うと、泪は安心したように一息ついた。

「良かった‥‥億川も無事っぽいし‥‥」

泪の目が潤んでいる。

「えっと、その‥‥みなさん、助けて下さって‥ありがとうございました」

億川さんが僕達に頭を下げる。

「固いってさめちゃん!」

奏さんはそう言って億川さんの肩をばんばん叩く。

「えっと‥‥さめちゃん?」

「そう。細雪だからさめちゃん。ダメ?」

またなんとも微妙なネーミングセンス‥‥

「ダメではないです。嬉しいです、奏さん」

「だから、固いって! 友達だったらさん付けとかいらないだろ?」

「友達、ですか?」

「おう、友達だ。同じクラスだろ?」

「それじゃクラスメート全員友達じゃない」

奏さんに泪がツッコむ。

「じゃあ、これから友達ってことで‥‥よろしくな」

そう言って右手を出す。

「俺も、友達になってもいいか?」

正岡がそう言って奏さんの横に立つ。

「と、当然です!」

「じゃ、よろしくな!」

正岡はそう言って左手を出し、二人と握手をかわす。

「なんか‥‥いい絵だよね‥‥」

泪は涙ぐんでいた。

「うん‥‥そうだね」

僕は頷いた。

全てが上手くいった、そんな気がした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

織田一菜&K

Author:織田一菜&K
サイト「小説家になろう」様で小説を書いています。

ぜひ遊びに来てください


このサイトは主にオリジナル小説をだらだらと書いていくサイトです。

お暇なかた、ぜひお読みください

小説家になろう様(自分のユーザーページ)
http://mypage.syosetu.com/4391/

twitter
http://twitter.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング
FC2ブログランキングに参加させていただきました! みなさんよろしくお願いします!! ↓のバナーをポチっとお願いします!!

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。